■個別労働関係紛争(個別的労使紛争)とは

 労働者個人と会社との労働条件やその他労働に関する事項についての

 争いのことであり、具体的には以下のような紛争があります。

 

 ◆労働条件に関する紛争

  解雇,雇止め,配置転換,出向,就業規則の変更による労働条件の不利益

  変更,賃金の引き下げ、労働条件に関わる差別的取扱い等

 

 ◆就業環境に関する紛争

  セクシャル・ハラスメント以外のいじめ

   (パワー・ハラスメント)等

   ※セクシャル・ハラスメントは均等室による調停の対象となります。

 

  ////////////////////////////////////////////////////////

 

■あっせんとは

労働局のあっせんは、個別労働関係紛争解決促進法に基づいて、労働

  条件その他労働関係に関する事項で自主的には解決を図れないような

紛争について、迅速かつ柔軟な解決を促進するために、

都道府県労働局に設置された、紛争調整委員会の会長が指名した

あっせん委員の調整の下、当事者双方の互譲の精神に基づいて、

  当事者が互いに主張を一歩二歩譲り合う形での合意を通じて、個別の

  労使間の紛争の解決を図る制度です。

 

  なお、労働局のあっせん以外には、東京都・兵庫県・福岡県を除く

各道府県の労働委員会による個別的労使紛争解決のためのあっせんが

あります。

 

◆労働局のあっせんは、行政サービスの一環として行われるものです

  から料金はかかりません。

 

■あっせん申請の前に心得ておくべきこと

あっせんは、裁判外紛争解決制度として簡便な手続で紛争の解決が

図れる反面、常にあっせん打ち切りのリスクが伴います。

また、あっせん期日においても、しばしば労働者に必要以上の譲歩を

求める形でのあっせん案が示されています。

  ですから、あっせん申請をする前に、紛争の解決として最低限実現

しなければならない 利益は何なのか、そのためにはどのような事実に

  基づいて法的にどういった権利を主張できるのか、あっせんが打ち切

られたときはどうするのか、

そういったことを十分検討しておく必要があります。

 

////////////////////////////////////////////////////////