管理監督者

◆管理監督者制の不正適用(名ばかり管理職)

  労働基準法第41条2号で、監督若しくは管理の地位にある者は、労働時間、

  休憩及び休日に関する規定は適用しないこととなっています。

  そこで、店長や課長部長といった役職にある労働者に対して、労働基準法

  第41条2号に該当する者として、残業手当や休日手当を支払っていない

  ケースが散見されます。

  しかし、労働基準法で想定している 管理 監督者とは、店長や課長、部長といった

  名称にとらわれることなく、「企業経営上の必要から 経営者との一体的な立場に

    おいて、同法所定の労働時間等の枠を超えて事業活動をすることを要請されても

    やむを得ないといえるような重要な職務と権限を付与され」た者をいうのであって、

    単に会社内で役職が付与されたからといって 労働基準法第41条2号の管理

    監督者に該当するものではありません。

  名ばかり管理職とは、本来労働基準法第41条2号の管理監督者には該当しな

  いにも拘らず、会社内で役職が付与されていることを以って、残業手当や休日手当

  等が支払われていない労働者の事を指します。

 

 

*管理監督者として認められるには凡そ次の3つを満たしておく必要があります。

・企業全体の事業経営に関して、労務管理を含めて、重要事項の決定に

相当程度関与していること。

・勤務態様から、労働時間管理に馴染まず、自己の裁量に基づいて出退勤等

 が行えること。

・給与(基本給、役付手当等)や一時金等において、相当程度優遇されて

いること。